TOP

風俗情報見ていたら、むかし同じクラスの女の子らしき写真があったので友達を誘って行ってみた。

高級デリヘル店の男性スタッフも厳選して採用すべき

高級デリヘルで最も売りとしているものは、高級感です。この高級感はお客に対する対応で演出できるものであり、生まれ持った素質が必要だとか、天性のものということではないのです。ようはしっかりと丁寧に対応できれば良い、ということで至ってシンプルで特に難しいものでもないのです。ですが、ここ最近の風俗業界では何かとトラブルが有り、店舗とお客間だったり、店舗と女性スタッフだったり、女性スタッフとお客間だったりと色々と後を絶ちません。風俗店のみならず、どこのお店にもこのトラブルはつきものですが、正直言うとこのトラブルに関しては未然に防ぐことも予防も出来るのです。ではその方法はどうするのかというと、スタッフの教育です。しっかりと接客に関して学ばせてあげることが重要で、対処法も教えてあげることが重要なのです。大企業が運営する飲食店では接客に関してマニュアルが存在し、同対処するのか等載っています。最低限の接客マナーも学べてお店の運営に差し支えることがないようにする為に接客マナーに関するマニュアルはあるのです。ですが、風俗業界ではそのマニュアルは皆無でマニュアルのある店舗は大きなグループ店か長いこと運営をしているしっかりとしたお店しかありません。駆け出しの風俗店や中堅の風俗店は特にこういったマニュアル本はなく、適当に講習をして適当に入店させるだけなので、トラブルを回避する術を教えてあげられていません。一般的な風俗店ではトラブルは日常茶飯事で改善の一途を辿る事ができていません。とにかく金を稼げればそれで良いと思う運営者ばかりなのが風俗業界の非常に残念なところで、そんなことでは長く運営出来ないということを知らない人が多すぎるのです。高級デリヘル店ではそういったマナーや気遣いを含めて最高レベルを求められます。あくまで風俗店だから少しの妥協ぐらいは…と思っている店舗があればそれは大きな間違いです。そういった小さな綻びからトラブルを招きます。結果として、トラブルはお店の運営に大きく関わってくる場合があります。特に高級デリヘルは一般のデリヘル店に比べて利用客数の絶対数が少ないので、一人ひとりの顧客を大事に抱えるべきなのです。高級デリヘル店に務める女性スタッフは高い水準の面接をクリアしているのにも関わらず、男性スタッフはと言うと働いてくれる人であれば誰でも良い、といったスタンスなのです。高級デリヘル店で働く男性スタッフも高い水準の面接を行い、粗相を犯しそうな人は端から採用しないようにするのも店舗のためです。


パーフェクトなデリヘル嬢

仕事の終わりにお店に電話して、家につく頃にちょうど到着するように設定しました。仕事終わりの一発が最近の幸せです。同僚には、そろそろ彼女作れよなんて言われていますが、彼女作ってエッチするまでの工程が面倒なんですよね・・・。僕の方が、早めに家についてしまったので時間まで掃除してデリヘル嬢を迎える。服を脱がせるのを手伝う。するとくびれたウエストに、豊満なおっぱいと、とんでもないクォリティの子だったことにここで気づく。「すごい綺麗なカラダですね」「ありがと〜、私も筋肉質な人とエッチするのは久しぶり〜」互いに褒め合ってから絡み始める。密着してからのディープキス、それからアソコに手を伸ばして秘部を撫で上げる。まだ感じていないようだったので、乳首責めに移行し、おっぱいに舌をまわしながら右手でクリトリスを触りました。次第に濡れていき、最後はクリトリスの皮を剥いてのクンニ....ここまで本格的なクンニをやらせてくれたデリヘル嬢は初めてでした。


金髪だけど控えめ

ネットサーフィンをしていたら格安デリヘル店を発見しました。いままで「ここが日本で一番安いのではないか」という風俗店を愛用していましたが、そこよりさらに低価格のところでした。女の子を見たら顔にぼかしがかかっていてレベルのほどは分からなかったので指名無で入ることにしました。来た女の子は私の苦手なギャル系の金髪の女の子でした。しかし女の子は控え目で丁寧な子でした。ただ顔はちょっと残念でなんで金髪にしたのだろうという感じです。プレイは可もなく不可もなくと言った感じで無難にまとめられていて「まあ値段の割にはたのしめたかな」と言った感じです。よかったのがギャル系の金髪の女の子に対しての抵抗感が若干減ったことと、探せば格安店はまだまだ探せるのではないかと言うことが分かった点です。よく、ネットにある料金から割り増しされたとか、あとでOOの料金が追加され結局高かったという人がいますが私は決してそんなことはなく、料金に関してだけはネットの情報を信頼してもいいと思います。


フリースペース